里町町内会-手づくりハザードマップ

手づくりハザードマップのまち歩き作業をフォローします。水害時の「もしも」に備えるため、
「危険な場所」を撮影して投稿しよう!

・全体の流れについてはこちらから。

・下記1~3に関するまち歩きのチラシはこちらから。

1.作業の前に。手づくりハザードマップって、なに?

安城市が発行している「水害ハザードマップ」は、ご存知でしょうか?
このマップには、近隣の河川がはん濫したときの最大の浸水深が示されています。

そうなってからでは、遅い!早めの行動!

そのような何mといった深い浸水に至る前の、まだ避難できる早期浸水の状況マップを、地域のみんなでとりア停める取組は、「手づくりハザードマップ」です。

愛知県河川課が行っている「みずから守るプログラム」の一つで、「手づくりハザードマップ」は里町内会が自ら実施する取組です。

手づくりハザードマップって?

・安城市から各世帯に配布されている水害ハザードマップを、自らのこととして理解し、マップの活用に際して的確な判断ができるように、里町のみんなでまち歩きを行い、経験した水害の話や、大雨のときに注意すべきことなどについてまとめるものです。水害に強い地域づくりとなることが目的です。
・まとめたこと、水害時にどう避難するべきか、里町の人々で考え、伝え合います。

みんなで何を
するの?

・まず、各自でまち歩きをおこなってもらいます!
 通常はグループに分かれて、みんなで歩きながら写真を撮りながら、会議室に集まって地図を作っていきます。みんなで集まり、みんなで写真の場所を思い出しながら地図を作りますので、集まったり(写真の場所を)忘れたりするなど、負担がかかります。
 ただし!我々NPOはこの手間をスマホをつかって減らしていきます。スマホをつかって各自で写真を撮り、こちらで地図にするので、集まったり忘れたりする負担がなくなります。

thm.png

2.まち歩きの前に。スマホの設定をしましょう!

写真に位置情報が載るように設定します。
【注意!】できていないと地図化できなくなります。必ず行って下さい。

★androidの場合

 ①位置情報をチェック。

 ②カメラ設定で位置情報を保存にチェック。

sumaho.png

★iOSの場合

 ①位置情報をチェック。

 ②カメラ設定で位置情報を保存にチェック。

iOS.png

3.まち歩きをしよう!

① 危険な場所などを撮影しよう!

 空いた時間で里町で下記の箇所を撮影していきます。※注意!位置情報設定を忘れずに行うこと。

里注意.png

② 撮影した写真を投稿しよう!

 下記ボタンから、アップロードページを開き、写真やコメントを投稿します。

 【写真とともに投稿する情報】

 ・メールアドレス
 ・お名前(ハンドルネームでも可能)
 ・所属町内会
 ・写真の特徴(上記の6つのうち、どれか)
 ・コメント(必要に応じて)

4.まち歩きマップをみよう!

投稿結果を共有します。※ただいま準備中。