はじめに

毎年10月最終土曜日に開催する、安城市は榎前町の秋祭り。

年に一度のこの秋祭りは、秋の収穫を感謝し,新穀を神に供えて行う祭りではありますが、私たちはこれだけではないと考えています。

私たち57・58年やくどし会は、この秋祭りを町民みんなが顔を合わせる機会ととらえ、榎前町のことを知り、榎前町の人たちとふれあい、榎前町を好きになるきっかけとしていくものと考えています。

それは、私たちが子供のころに体験した秋祭りを思い返して感じたことです。

餅投げはなくても、神社に行って、出店を見て楽しんで、駄菓子を買って、みんなで食べて、そしてみんなでおみこしを担いで、おじいちゃんちに集まってみんなで話し、食べ、笑顔になる。

みんなと触れ合い、笑顔になる。

榎前の想い出ができ、将来ふとした時に、榎前でのことを思い出して、このまちを好きになる。

 

そんな機会にしたいと考えています。

 

特に、子どもたちにとっては、思い出は特別です。

 

私たちの思い出に残ったように、榎前に関わる子どもたち、将来榎前に住んでくれるかもしれない子どもたちのために、楽しい思い出になる秋祭りにしていきたいと考えています。

ここ数年はコロナの感染予防もあり、本来の町民みんなが顔を合わせる機会にはできませんでした。

みんなでお話ししたり、一緒に遊んだり、一緒に食べたり、一緒にお餅をひろうことができませんでした。

子どもたちにとって、楽しい思い出になる秋祭りとなるため、みんなでできることを重ね、持続可能な秋祭りをつくっていきます。

 

榎前町秋祭り~ふれあおう~

1.日時

令和4年10月29日(土)​

2.秋祭りのコンセプト​​

3.57やくどし会が企画する、こどものための秋祭りコンテンツ

持続可能な秋祭りのあり方を試そう!について。

 秋祭りっていろんな方が関わって取り組んでいます。しかし、ライフスタイルやワークスタイルから、餅投げを担うやくどし会の人員が確保できないのが現状です。これまでの取組方法・負担を維持しようとすれば、参加したくても時間が取れず、無理に時間をとると家庭や仕事に負担がかかり心身が健康でなくなるなど、本来楽しく活動できるはずのやくどし会自体が、ただの苦行と思われていると感じます。
 その結果、同年が21名が居住する榎前であっても、実際にやくどし会に参加できるのが6名。参加率が低下する一方です。

 こうした現状を踏まえ、私たち57やくどし会はこれまでのやくどし会として果たすべき役割を見直すことに決めました。

 よって、秋祭りにおいて、以下3点を基本的な考え方として取り組んでまいります。

  1. ​57やくどし会と前々やく年グループを中心に、有志で行います。

    • 自分たちでできることは何か。という探求の下、秋祭りを企画運営していきます。そのため、今回はこれまでの内容と異なる部分が多いものとなります。

    • やくどし会の考え方にご賛同いただける方々にご協力いただき、企画運営します。

  2. 持続可能な適正規模で企画運営いたします。

    • 同年は21人居住するものの、それぞれライフスタイルやワークスタイルも異なるため、やくどし会として活動可能な人数は限られているのが現状です。そして、今後は居住者も参加率も下がっていくことが予想されます。そのため、準備調整も含め、少人数でも催行可能となるよう、持続可能な規模で企画運営します。

    • 今回は餅投げに注力するため、デコトラの実施、運行、全戸餅配りは行いません。

    • ​過去の餅投げとは異なり、今回は子どもの思い出づくりとして実施します。従って、来年度も餅投げを継続するつもりで再開しておりません。

    • 飲食物、アクティビティは、57やくどし会の考え方に賛同する企業等の協力を得て実現します。

  3. 居心地の良い秋祭りとなるよう執り行います。

    • 罵詈雑言により、子どもが嫌な思いをすることがないよう、分別ない行為を排除します。​

 

​秋祭りのスケジュール

1.全体スケジュール

準備中です。​

  • 〇時〇分 全体あいさつ

  • 〇時〇分 56厄年会&57やくどし会奉納品お祓い…56年57年のやくどし会合同でテントを奉納します。使いやすいテントを奉納予定ですので、榎前のふれあいイベントなどで積極的にご活用ください!

  • 〇時〇分 ふれあいマルシェ開催

  • 〇時〇分 子ども対象のもち投げ大会…子どもを対象とした餅投げです。景品はジュースやらお菓子やらマルシェのサービスチケットやらスイッ…やら。こう期待!密や餅獲得バランスを考慮し、学年で分けながら餅投げを行う予定です。もしかすると、特別ゲストも…??

  • 〇時〇分 子ども神輿出陣式…榎前を盛り上げるため榎前子ども会のみんなが神輿を担いで練り歩きます!みんなで送り出しましょう!

  • 〇時〇分 子ども対象のもち投げ大会…子どもを対象とした餅投げです。景品はジュースやらお菓子やらマルシェのサービスチケットやらスイッ…やら。こう期待!密や餅獲得バランスを考慮し、学年で分けながら餅投げを行う予定です。もしかすると、特別ゲストも…??

 

​秋祭りの配置図

配置はこちらから※未定稿※

…未定稿​

会場.png
 
 

榎前の魅力発信!まちあるきをして投稿しよう!

まちあるき投稿フォーム

こちらのボタンから投稿してください。(準備中)​

STEP1 スマホを設定しよう!

このマップづくりでは、撮影した写真の位置情報(exif情報)が必要となります。位置情報が入った画像が投稿できるよう、あらかじめスマホの設定を行ってください。

※位置情報が含まれない画像は、マップできません。必ず設定してください。

こちらで確認しましょう。

STEP2 こんなところを見て投稿しよう!

まちあるきで見てほしいところはどんなところ?※未定稿

・交通量の多い交差点※未定稿

・抜け道になっている交差点※未定稿

・信号のない交差点※未定稿

​・見通しのわるい道※未定稿

・狭い道※未定稿

・でこぼこしている道※未定稿

・暗い道※未定稿

・歩道がない道※未定稿

STEP3 投稿しよう!

投稿はグーグルフォームで行います。画像のアップロードにはルールがあります。正しく投稿されないと位置情報が取得できないのでご注意ください。

こちらで確認しましょう。

 

榎前の魅力発信マップ

投稿結果がこちらに集まってきます!時折、自分の投稿や他の人の投稿を確認しておきましょう。みんなの気づきがちょっとずつ共有できていきます。※未定稿

秋祭りへのサポーター&協賛のお願い

57年やくどし会は、町内みなさんから預かった榎前町内会からの協力金を基に、町民がつながる場づくりを行っています。もちろんこうした協力金だけでなく、近藤さんや常さんのもち米など、幅広いご支援をいただいております。

私たちが目指す「こどもの、こどもによる、こどものための秋祭り」の実現にご賛同いただけましたら、是非ご寄付をいただきますようお願いいたします。

調整中の方々も含め、協賛のいただくみなさまを紹介します。

  • 榎前町内会と町民のみなさん…会遂行に係る協力金(資金)

  • 近藤さん…餅投げ用のもち米(現物)

  • 常さん…餅投げ用のもち米(現物)、風船アーティストの手配(人員)​

  • 榎前こども会…子ども神輿時の餅わたし(ただし会えた方に限る。人員)、餅投げ時の会場整理(人員)を予定。

  • 56厄年会(本厄)のみなさん…餅投げ遂行に係る協力金(資金)

  • 55厄年会(後厄)のみなさん…餅投げ遂行に係る協力金(資金)

​ありがとうございます!!

 

秋祭りの後援~趣旨賛同者

  • 榎前町内会

  • ふらっとみーとあっぷ(Cafe & Delica NEJI)

  • ​NPO法人 Mieru-Da Project