DSC_0044.JPG

Mieru-Da Project

安城発。データを身近に。見える化を身近に。まちづくりを身近にするプラットホーム。

Mieru-Da Projectは、安城市が開発した、まちの課題の可視化を実現するアプリケーション「Mieru=Da」をアグレッシブに活用し、様々なデータをGoogleEarth上などで見える化していきます。データの見える化でつながるヒトとヒト、ヒトとモノ、ヒトとマチ。我々は、データを通じて、未来に渡ってつながりあえる、そんなしくみづくりをお手伝いします。

!注意!

 本NPOは、それぞれ本職を持ちつつ、それぞれが持つスキルを社会に還元するべく活動しています。最近、NPO以外の連絡先に連絡いただく方がいらっしゃいますが、本取組は厳格に分けて、分別をもって活動しています。

 そのため、弊社が取り組む活動へのお問合せについては、下記問い合わせフォームか、本サイト掲載のメールアドレス、連絡先に限定させていただきます。

​ 悪しからずご了承ください。

 

ニュース

最新情報をゲット

つかう.meet.FES
​開催のお知らせ

2021年9月3日

みんなで公共空間をつかい“みらい“を考える取り組み『つかう.meet.FES』開催決定!
愛知県安城市の公共空間をつかい、つかい続けて、この先の“みらい“を考える。
公民協創!まず色々つかって考えてみよう!プロジェクト。その名も「つかう.meet」(よみ:つかうみーと)。
このつかう.meetメンバーが、お互いにできることを共同で行う社会実験として、「つかう.meet.FES」を開催します。
※プログラム等は調整でき次第、配信します!

 
ビジネスミーティング

Mieru=DaとNPO:Mieru-Da Project

プロフィール

安城市が開発した。可視化支援アプリ「Mieru=Da」。まちのデータを高さ、色、位置を使って3D で地図上に落とし込めるようにするアプリです。まちのデータとは、国勢調査、経済センサス、都市計画基礎調査などのオープンデータとして誰もが使えるデータです。ただ、数字等が羅列するデータにすぎず、一見ではデータの中身がわからないものです。これをGoogleEarth上で見える化するのが、Mieru=Daです。
そして、NPO法人Mieru-Da Projectは、こうしたまちの課題の見える化技術を使って、データ✕見える化✕あなたのキモチをかけあわせ、ミーティングや社会実験、データ作成支援などを行っていくプラットフォームとして設立しました。

 
ビジネスブレーンストーミング

サービス

データ✕Mieru=Da✕あなた=???

 

データ✕見える化✕ミーティング

DSC_9683_edited.jpg

ミーティング、社会実験の実施支援

この取組は、「まちを知りたい、まちで活動したいと考えるものの、まちへの関わり方がわからない人々」が、「実際にまちの情報を知り、まちの課題に気づき、まちで活動する意欲が生まれる」よう誘導することを目的としたものです。この取組では、まちのデータをわかりやすく紹介・共有するまちづくりミーティングの開催支援や、まちのデータでまちづくり活動の仮説を考え活動(社会実験)につなげる社会実験の実施支援を行っていきます。プレイスメイキング✕ミーティング、みんなで取り組みましょう!

見える化✕プログラミング

Programming Console

可視化支援アプリMieru=Daの開発(機能更新や自治体ニーズと特化したオーダーメイド対応)

この取組は、「まちを知りたい、まちで活動したいと考え、まずは自分の力でまちを知ることを始めたい人々」が、「自ら学びながら、まちの情報を知り、みんなでまちの課題を共有したくなる」よう誘導することを目的としたものです。この取組では、自分の力でまちのデータをわかりやすくグラフ化・マップ化できるアプリを開発し、広く無償で提供します。※本取組は、国や地方公共団体を対象とするものです。

ミーティング✕自分だけのデータ✕見える化

Untitled

ミーティングで使える、データ作成支援

この取組は、自ら中心となって「まちを知りたい、まちで活動したいと考える人々」が、「自分が持つまちのデータを使って、みんなでまちを知りまちの課題を共有していく」よう誘導することを目的とするものです。この取組では、Mieru=Da で使用可能なデータベースの作成支援を行って行きます。あなただけのオーダーメイドデータ、みんなと共有したいオープンデータ。どちらもご相談ください。※写真は、みんなでナンメイつながる会の、活動データの入力方法などのスマホ活用講座。

社会実験✕データ収集✕見える化

Untitled

社会実験でつかえる、データ取得支援

この取組は、自ら中心となって「まちを知り、まちで活動する人々」が、「効率的にまちのデータを収集し、みんなで行う活動の成果を振り返える」よう誘導することを目的としたものです。この取組では、まちづくり活動で行うデータ収集を効率的に行うことができるアプリケーション等の作成支援を行っていきます。例えば、ウェブアンケート、例えば集計ツール、課題を見える化するツールづくり、お手伝いします。
★つかえるツール★GoogleForm、MicrosoftForms、MicrosoftFlow、VB、GAS、kotlin、R etc...

 

​活動中!

Facebookより。イイネお願いします!


 

フォーム

送信が完了しました。